The Elder Scrolls V: Skyrim 聖職者吸血鬼&幻惑プレイのコツ 割と大変

2024-05-22

The Elder Scrolls V: Skyrimで聖職者吸血鬼幻惑プレイをしてみたので、育成のコツに関する記事を書いていきます。

まず聖職者を取得するまでが中々大変で、そこから吸血鬼になるまでは割と簡単で、そこから幻惑魔法を極めるまでが意外と大変で、アーリエルの弓を手に入れて太陽デメリットを無効化するまでがクソ長いという感じです(笑)

総じて完成までに時間がかかり、初心者にはあんまオススメできない育て方かなと思います。

で、最後には幻惑魔法が強すぎて飽きます(笑)

ということで育成スタート!!

NECROMAGE VAMPIRE TIPS

聖職者吸血鬼プレイのコツに関する文章を書いていきます。

聖職者吸血鬼になるまでの育て方

「聖職者吸血鬼になるまでの育て方」に関する文章を書いていきます。

1.聖職者を取得する

まずは最速で聖職者を取得していきましょう。

回復スキルの育て方は色々あると思いますが、個人的には麻痺トレーニング法を使うことをオススメします。

トレーナーを麻痺毒+毒牙で麻痺させて、トレーナー料金を回収していくレベル上げ方法です。

麻痺毒はモーサル周辺の沼地っぽいところに生えている「沼の群生キノコ」を大量採取して、後は錬金屋の店売りの「カニスの根・木椅子キノコ・沼の群生キノコ・ブライアハート」を買って、この内の2種類を錬金していけば作成できます。

常にお店に並ぶほど出現率が高いわけでは無いですが、ソリチュード・ホワイトラン・リフテンなどの錬金術屋を回っていればいつかは出てくるはず。(お店は48時間で品揃えが変わる。ファストトラベルで割と時間が進むので、適当に色んな街の店を回るだけで品揃えは変わっていくはず。)

召喚をメイン武器にする

聖職者吸血鬼でどの能力が+25%されるのか未だに把握してないので、筆者は聖職者を取得するまでは召喚をメイン武器にしました。

片手剣のアームズマンとかが聖職者吸血鬼で25%UPするとか聞いたこと無いので、ぶっちゃけ片手剣をメイン武器にしても良かったような気はする。

ただ、聖職者を取るまではなるべくパークを取得したくはなかったので、召喚をメインにしたという感じです。

召喚は「消費マジカ半減パーク」さえ取得しておけば十分に無双できるので、普通にオススメです。(難易度ノーマルより上で召喚が通用するかは不明。)

ドレモラロード召喚まで一気に取得してしまえば、しばらくは敵がいなくなります。

魂縛を死体or自分の馬に撃ちまくっていればレベルをどんどん上げられるので、やっぱ召喚は便利ですよね。

毒牙+エクストラポケットを取得する

麻痺トレーニング法で毒牙が必要なので、スリスキルを上げていきます。

ついでにこのゲームで最強に役立つスキルである「エクストラポケット」も取得しておきましょう。

スリスキルの上げ方は「スリの直前にセーブする」➝「街の衛兵から鋼鉄の矢を盗みまくる」➝「宝石類を50%以上でスリできるようになったらやりまくる」➝「失敗したらロードする」でOK。

スリスキル上げをする前に「器用な指先」を1だけ上げておくと、最初の鋼鉄の矢を盗める確率が少し上がってロードの回数が減るのでオススメ。

誰にトレーニングしてもらうか?

回復スキルをトレーニングしてくれるNPCでオススメなのは、ホワイトランの「ダニカ・ピュア・スプリング」です。

普通にウィンターホールド大学のコレットでもOKですが、いちいち序盤にウィンターホールド大学まで通うのは割と面倒かなと思います。

ダニカは最初はトレーニングしてくれないですが、簡単なクエストを1つ終わらせるだけでトレーニングしてくれるようになります。

ホワイトランを拠点にしてる人は、マジでオススメ。

2.吸血鬼になる

麻痺トレーニングを駆使しつつ回復スキルを70まで上げたら、聖職者を取得していきます。

その後は吸血鬼クエストを進めていきましょう。(いろいろ調べてみた限りドーンガード側でも普通に聖職者吸血鬼できそうではあるが、筆者は吸血鬼側でプレイしたので確かなことは書けないです。)

セラーナちゃんが滅茶苦茶可愛くて「あぁ~聖職者吸血鬼やってて良かった~♪」ってなること間違いなし。

3.幻惑魔法の消費マジカを0にする

幻惑魔法は基本的に消費マジカ多めで連発しにくいので、消費マジカを0にしていくことをオススメします。

ただ、個人的には0にすると死ぬほど素早く飽きてしまうと思うので、50%~80%減くらいがベストなんじゃないかとこっそり思っています。

でも、どうせやるなら消費マジカ0にしてしまう…というのがゲーマーあるあるかなと思ったり(笑)

消費マジカ0のやり方

筆者の場合は付呪を80レベル以上まで上げて、適当に店売りされている付呪UPの薬を飲んで、4箇所の防具に「幻惑魔法の消費マジカを減らす付呪」をしたら消費マジカ0になってました。

聖職者吸血鬼で付呪も25%UPしているはずなので、ある程度適当でも消費マジカは0になると思います。

4箇所ではなく3箇所の防具で消費マジカ0を目指す場合は、クソ真面目に本気でやる必要があるとは思いますけどね。

ぶっちゃけ消費マジカを0にしたら飽きやすくなると思うんで、ここは適当にやって消費マジカ80%くらいにしておいたほうがイイんじゃないかなと思ってます。

4.アーリエルの弓を入手する

ここからが長いんですよね…。

アーリエルの弓を入手するにはドーンガードクエストをほぼ最後まで進める必要があって、それがあまりに長い。

やっとアーリエルの弓が手に入れられそうになる「空に触れる」クエストが始まったと思ったら、このクエストも死ぬほど長い(笑)

アーリエルの弓を入手するまでは、まぁまぁの時間がかかると思ったほうが無難です。

この弓さえ入手してしまえば吸血鬼のデメリットはほぼ消え去るので、やりたい放題できます。

ただ、昼間にアーリエルの弓を使うと夜っぽくなって、全体的に暗い雰囲気のゲームプレイになることは注意ですね。

SUMMARY

ということでね、筆者は聖職者吸血鬼を完成させるまでが1番楽しくて、完成直後に死ぬほど飽きてしまいました(笑)

セラーナが可愛かったのでやってよかったなとは思いましたが、やっぱりこのゲームは「飽き」が1番の敵だなと再確認しましたね。

ゲーマーであればあるほど上を目指してしまいがちで、「上」に到達するとほぼ確実に飽きます。

そういう意味で、継続が難しいゲームですね…。

ま、もう十分に楽しみましたけどもね(笑)。(たぶん200時間くらいはプレイしちゃってる)

以上。